噛むトレと美容液でほうれい線に負けるな!

今まで無頓着だった私が59歳の時、洋服売り場の店員に、60歳以上に見られた事がありました。
それは私にとってはかなり衝撃的な出来事でした。

あの時以来、ほうれい線を意識するようになりました。
少々気づくのが遅かったかも…。

若い頃はしわの増えた母に向かって、しわも一つの年輪なんだから…と人ごとのように笑っていた自分でした。
年齢より若く見られたいほどの贅沢は望まないが人生を重ねた証として認めつつ、せめて年相応に見られたい。
これから年齢を重ねるにつれほうれい線は出来てしまうが、意識して増やさない為のケアをしようと思っている。
人はどうしてもほうれい線で判断してしまう。まさにほうれい線は「老け顔のサイン」

この前、雑誌を見ていたらほうれい線を消す記事がありました。
ほうれい線ケアの1つに『顔の筋力をほぐし弾力を取り戻すのが大事』と。
その中に「噛むトレ」が記事に載っていました。
これは朝、昼、晩の食事中の意識で顔の「若返り筋」が鍛えられるそうです。
表情筋の衰えが原因のたるみ。
予防には噛む事が大切だそうです。
これなら毎日続けられそうです。
まさに食事の『そしゃくエクササイズ』です。
噛むメリットはその他に肥満を防いだり、虫歯予防もあります。私も最近始めたばかりだがせめてこれだけは習慣にしようと決めました。

それと、「あ・い・う・べ体操」が載っていました。
舌と顔の弛みをとる体操です。
「あ~」は、あ~と口を大きく開ける
「い~」は、い~と口を横に開ける
「う~」は、う~と口をとがらせる
「べ~」は、べ~と舌を伸ばす
普段口を大きく開けたり、舌を伸ばす事がないのでいいエクササイズになりそうです。

しかし、いつの間にかこんな年に…。
いままでは友達と会うと旅行の話等で盛り上がっていたのが、話題が身体の事に変わりつつあるこの頃。
だからこそ健康が一番だが出来るだけ老け顔も脱出したいと切に思っています。

今回初めて、ほうれい線美容液を買いました。
ぜひみなさんも参考になさってください。

噛むトレに加えてこの美容液で、ほうれい線が消えることを期待しています。
今度久し振りに同窓会があるそうなので、しっかりケアを忘れずに明るい笑顔で参加したいと思います。